誰かの為と思いながら、自分が一番楽しんでいる(物産展)

皆さんは物産展は好きだろうか?

私は、最近物産展が大好きである。

と言っても、デパートなどで見かけたら、引き寄せられる程度の大好きで、

物産展を探し求めて、足を運ぶほどではない、エセファンである。

 

先日、近くのショッピングモールで九州フェアが開催されていた。

母親が九州出身ということもあり、いつもより財布のヒモが緩んでしまった。

・醤油1.8L 味違い2本

・高菜明太子のお漬物

・つぼ漬け

・熊本のひじき

・長崎のカステラ

・いももち

・沖縄のサーターアンダギー

そして、練り物好きにはたまらない、さつま揚げのセット

博多ラーメンや、明太子などほかにも気になるものが

いっぱいあったが、長居しすぎて醤油の重みでカゴが腕に食い込み、

耐え切れずレジへ急いだ。

 

喜ぶだろうな。

オカンは懐かしいだろうな。

そんなことを考えながら家路を急ぎ

着いたとたんテーブルいっぱいに広げて見せた。

 

懐かしさと、小腹がすいていたのか、すぐに試食会が開催される。

「これ食べたかった。おいしいな。」

なんてお声をいただくと、私も嬉しいし、なぜか誇らしくもある。

 

今はどこにいてもお取り寄せも含めて手軽に買える。

しかし高齢の両親にはインターネットも無理、免許も返納し足がない今

私の目利きに頼らざるを得ないのだ。

ここは腕の見せ所と思い、物産店に挑む。

ドラマにまでなっているが、お取り寄せの楽しみは、

私はもう少し後にしようととってある。

 

それにしても、地域特有の素晴らしさ。

日本は縦に長いおかげで、北から南まで楽しむことができる。

素晴らしい。ありがとう。

 

今、高菜明太子のおにぎりを食べながら書いている。

私が一番たくさん口に運び、舌鼓を打ったのは言うまでもない。