うるおいLIFE(樹皮の紙漉き)

みなさんは樹皮の紙漉きをご存じだろうか?

樹の皮を使い漉いた紙のことである。

樹の繊維自体が模様となり、荒くも繊細にも表現される。

 

私がこの紙の出会ったのは2年前。

友人に誘われて出かけたとある作家さんの個展だった。

大きな作品や、小さい作品、たくさんのモノ。

色もきれいで、1枚1枚違う表情を見せるこのモノたちに

私はその日に虜になったのだ。

その日から先生と呼ぶことにした。

 

私は特に光を透かして見た時の模様や色が気に入り

手にとっては光を透かすことを繰り返していると

知らぬ間に1時間ほど経過していた。

 

私はこの紙漉きは、『紙』ではないと思う。

人の心を癒すモノ、そして空間をグレードアップさせる本物のモノだ。

 

照明に使えば、光をより柔らかにする。

100均で照明を買ってきて、カバーにしたのだが

どれだけグレードアップさせてしまうのだろうか。(写真あり)

これはいにしえからの光だと思う。

 

壁に飾れば、立派なアートになる。

自然の素材と、古来からの工法、先生の技により、

本物のオーラがでてしまう。

 

また『紙』として字を書いてみると、

下手な私の字を、味のある字に変えるのだ。魔法である。

 

柄も、色も、素材も大きさも、空間に合わせて制作できてしまう点が

手漉きならでは、経験豊富な先生ならでは。

2mを超える作品は、空間を想像以上にダイナミックに変える。

 

ダイナミック、繊細、個性的、柔らかい、味がある、優しい・・・

色々な表情を見せてくれるモノたち。

そのうえ、漉き直して形を変えたり、最終は土に還る、

これ以上ないecoなモノだ。

熱い思いが止まらない。

 

私の野望は、大型作品を、一流のお店に置いてもらうことだ。

熱い思いは抑え気味に営業することにしよう。

ひかれてしまうからな。

 

 

f:id:ag-produce:20220411132232j:plain